認知症で処方される薬を信用し過ぎないでください。

認知症,薬

 

認知症処方されるを信用し過ぎないでください。

 

認知症処方されるは副作用の可能性が低くはないことを覚えておきましょう。

 

認知症で医者にかかる場合、医者を信用し過ぎないでください。

 

私たちは医者を信用することが当たり前です。

 

権威であり、正しい方へと導いてくれると信じています。

 

それは本当にそうだと思います。

 

しかし、認知症に関しては医者の言うことを鵜呑みにしては
危険である可能性があります。

 

認知症に関して、
医者もどう診断、対応していいか、
まだ手さぐりの状態だと覚えておきましょう。

 

2015年に行われた調査では、
2014年の一年間の間に認知症と誤診されたケースが
3,500人以上もあったことがわかりました。

 

認知症じゃないのに認知症と
診断されたというケースが多かったんです。

 

改めて診察すると、認知症ではなく
うつ病やせん妄と診断されるケースが多かったんです。

 

問題なのは、認知症と診断され、処方される薬で
副作用や症状をさらに悪化させてしまうケースがあることです。

 

軽度のうつ病、せん妄だったのに、
うつ病と診断され、処方された薬の副作用で
寝たきりになってしまう..ということも
充分にあり得るのです。

 

認知症の診断は誤診の可能性があることを覚えておきましょう。

 

【誤診を招く原因】

 

認知症の診断は、

 

・健康に関する一般的な質問

 

・会話能力、計算能力、視覚認識能力のテスト

 

・血液と尿の検査

 

・CTなどでの脳内の血液検査

 

・周辺症状の聞き取り、調査

 

..で総合的な判断で行われます。

 

周辺症状からの判断は誤認を招く1つの要因になります。

 

例えば、持病の薬を服用していて、
その副作用で物忘れが多くなっていた..

 

 

その症状から医者が認知症と誤認..
というケースも充分にあり得るのです。

 

【誤認を招くもう1つの原因】

 

ひとえに認知症といっても病型に種類があります。

 

・アルツハイマー型

 

・レビー小体型

 

・ピック病

 

・脳血管性

 

..と型の種類があります。

 

それぞれの種類により、処方するべき薬、
処方するべき量も違います。

 

例えば、

 

レビー小体型は薬に過敏に反応しやすく、
副作用も出やすいという特徴があります。

 

なので、

 

レビー小体型ならば、処方する薬は
慎重に選択し、量も抑えなければなりません。

 

しかし、

 

レビー小体型の認知症なのに、
アルツハイマー型だと誤診されるケースがあります。

 

その結果、

 

レビー小体型の患者にとって、
副作用が起きるであろう多量の薬を処方されてしまうケースがあります。

 

その結果、

 

副作用に見舞われて、
本来なるはずのなかった寝たきりの状態になってしまう..
というケースもあるんです。

 

認知症で処方される薬

 

アリセプトは病院で認知症と診断された場合、
医師が処方するのは、

 

・アリセプト

 

・リバスタッチパッチ

 

・レミニール

 

・メマリー

 

..がおもな4つです。

 

特にアリセプトはとても効果的で、
処方されることが多い薬です。

 

ですが、

 

アリセプトを始め、認知症の薬は副作用の可能性が
低くはないことを頭に入れておきましょう。

 

↓で認知症対策サプリメントを紹介しています。

 

認知症対策サプリは原材料がホタテや鶏などで
生き物由来のサプリです。

 

なので、副作用の心配も必要ありません。

 

>>自分でできる認知症対策・認知症対策サプリメントを見てみる


page top