プラズマローゲンの脳内での役割。

プラズマローゲン

 

プラズマローゲンは細胞膜を構成するのに欠かせない物質であるリン脂質の一種です。

 

 

人間をはじめとするあらゆる哺乳類や魚介類の体内に存在している成分です。

 

 

脳細胞を機能させたり、体内での細胞の機能において決定的な役割を担っている成分です。

 

 

 

脳内でのプラズマローゲンの働きとは?

 

 

人間はストレスに襲われると、脳内に発現する酸化物質によって、

 

脳細胞がダメージを受け、脳疲労を招きます。

 

プラズマローゲン

 

脳疲労が起こると..

 

・夜中に目が覚める

 

・意識がボンヤリとして思考がまとまらない

 

・食事がおいしいと感じない

 

などの日常生活の弊害になるような悪い作用が起きるようになります。

 

 

 

これらの症状の原因は、身体的な疲れでもなく、心の乱れでもない..

 

脳疲労が原因であることが多いのです。

 

 

 

ストレスに襲われた場合、健康な人の脳内では、脳細胞がダメージを受けないようにプラズマローゲンが作用することが確認されています。

 

プラズマローゲンを摂取することで、高齢による脳の神経細胞の衰退や劣化を防ぐことが出来ると言われています。

 

 

 

アルツハイマー病など、脳に何らかの疾病を持っている患者は、脳内のプラズマローゲの量が正常値の7割程しかないということが確認されています。

 

 

 

物忘れが頻発するようになった方や、物覚えに不安を感じている方、

 

意識がボンヤリとしてスッキリしないといった方は、プラズマローゲンサプリを検討してみてもよいでしょう。

 

 

 

プラズマローゲンサプリは副作用の危険性も見受けられていませんので不安はありません。

 

成分を効率よく消化吸収するためにバランス配合されたプラズマローゲンサプリも発売されています。

 

値段と品質からプラズマローゲンサプリを検討比較しました→プラズマローゲンサプリ比較検討記事はコチラ


page top