「認知症」と「老化による物忘れ」の見分け方。

認知症

 

認知症の症状は、色々ありますが、
そのなかでも代表的なものが、物忘れですね。

 

しかし、それが「認知症の物忘れ」なのか、「老化による物忘れ」なのか、
どっちなのか区別するのが難しいようです。

 

 

いつも一緒にいる身内であればこそ、ちょっとした変調にも気付けるのかも知れません。

 

認知症は本人による自覚は期待できないので、周囲の家族などがまず気づくことが重要です。

 

「認知症の物忘れ」と「老化による物忘れ」の見分け方。

 

「老化による物忘れ」の特徴は、忘れてしまうのは、ある出来事の一部だけということです。

 

認知症

 

例えば、外食に行って、次の日、

 

「昨日、外食先で何を食べたっけかな?」

 

この程度の物忘れなら、老化による記憶力の低下で起こり得ることです。

 

また、この場合は思い出そうという意思も働き、何かの拍子に思い出す..ということが多々あります。

 

 

 

しかし、昨日外食したという行為を丸ごと、ごっそり忘れていたら、認知症の可能性があるでしょう。

 

この場合、忘れる..というよりは、記憶がごっそり抜けているという感じですね。

 

そして、記憶が抜けてしまっているのですから、本人にも、忘れているという自覚がないのが特徴です。

 

本人に自覚がないからこそ、対処が困難な病と言えるのです。

 

 

 

ご飯を食べたのにまた食べようとしたり、

 

記憶が抜けるという症状は日常生活にも問題を発生させます。

 

 

 

また「認知症」は、昔の個人的体験などは忘れない傾向があるようです。

 

「認知症の物忘れ」の対象は過去よりも現在以降であるケースが多いようです。

 

 

認知症対策サプリの→コチラ←で紹介してます。


page top